» 患者としての心構え

患者としての心構え

患者としての心構えでまず大事なのは「迷いのある時は誰かに相談する」ということです。
自分自身の悩みを自分の言葉で表すことで、気持ちの整理になり不安や悩みもよりはっきりと自覚することができます。

そうするとどのような解決法があるか・どうしたいか、などが自然とわかるようになってくるのです。
しかし美容整形についての悩みはなかなか他人に打ち明けにくいものでもあります。
理想としてはご家族やお友達に相談するのが良いのですが、身近なかたに話づらい場合は、クリニックや医療関連の団体が行っている電話相談などもありますので、ひとりきりで悩まずぜひ相談してみてください。

LINK